Copyright(C)2012 ブラインドタッチマスターマニュアル all rights reserved.

ブラインドタッチマスターマニュアル

基本練習

使う指を覚えたら、ひたすら練習あるのみです。
打ちたいキーに指が動くようになるまでひたすら練習です。

まずは決まった指で順番にアルファベットを入力していきましょう。
なれてきたら、ランダムに打ち込む練習です。
適当にでたらめな順番のアルファベットを紙に書き出します。
紙でもいいのですが、ワードなどに書くと便利です。
書き出したアルファベットの下に、同じアルファベットを打ち込んでいきます。
この時、EnterやShift、スペースキーなどを組み込んで練習しておくと良いですね。

アルファベットを打てるようになれば、同じ要領で今度は

名前、都道府県、食べ物などなど、短い言葉で練習します。
だんだん長い言葉や文章で練習していきましょう。

いきなり難しい物に挑戦しても長くは続きません
始めはローマ字の位置を覚えていく事を意識しながら練習していきましょう。
分からない時だけキーボートを見るようにします。

ブラインドタッチをマスターするには、とにかくキーボードを見る癖を無くす事です。
インターネットでも無料でできるタイピング用のゲームがたくさんありますので

それを利用するのも良いですね。

いきなり早打ち用のゲームをすると、タイムアウトになって続かない事があります。
始めのうちは、入力するべきキーの位置や、入力キーしたキーが
画面で表示されるタイプのものを選ぶと良いですよ。

繰り返し練習していかなければ覚えられないので
自分のペースに合わせて簡単な物から徐々にレベルアップさせていく事が肝心です。

PCの画像