Copyright(C)2012 ブラインドタッチマスターマニュアル all rights reserved.

ブラインドタッチマスターマニュアル

タイピングの資格

プログラマーや小説家などはタイピングの速度や正確性が
直接仕事の効率に反映されます。
電話で相談や注文、商品説明を行うオペレーターも
顧客と会話をしながら迅速に情報を探したり、情報処理をする必要があます。
一般的な職業の場合、そこまで速度を求めないでしょうけれど、
小学校からパソコンの授業がある時代ですから
ある程度効率的に仕事をこなせる技術は
社会人の必須スキルになってくるかもしれませんね。

就職で広い範囲で活用できる資格をしては
マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS/MCAS)があります。
エクセルやワードは需要が高く、
実務で使えるスキルをアピールする上で 有効に使える資格です。
民間資格ですが知名度が高いので
就職や転職をする上でパソコンスキルを証明できます。

タイピング技術を重視している検定では

日本語ワープロ検定
早さとともに正確にタイピングする能力と文章を作成する能力を証明できる資格

ビジネスクラスパソコン速記検定試験(日本語会話タイピング検定)
ビジネス会話などを聞きとった物をタイピングしていくスキルの検定資格。
パソコン版の速記技術ですね、耳で聞いて打ち込んでいく技術は
普段なかなか養われないものですからかなりの練習が必要でしょうね。

パソコンスピード認定試験
全国商業高等学校協会が主催者する検定試験。
試験は問題をプリントアウトさせ、その文章を入力していきます。
ワープロ検定を受ける前にこの資格を持っていると
ワープロ実務検定の速度の試験が免除されます。
ビジネス文書を作成する速さと正確さを証明する資格です。